パソコンやワイズ「Weisz」のお仕事ブログ

大阪守口にあるパソコンやワイズのブログコンテンツです HPは「weisz-pc」で検索♪

【修理】マウスコンピューター Gtune Windows動作不良

作業時間: 2日

 

Windowsが起動しない」

「電源は入るけど画面が暗くなったりする」

 

というお問い合わせがあり、

起動時にメッセージが表示されてから不具合が発生したとのこと

 

f:id:weisz-pc:20190523101707j:plain

 

装置を確認、Windowsは起動OK

診断の結果「ウイルス感染による不具合」と判断

きちんと直して欲しい、とのことでリカバリにて対処

 

作業項目はこちら

 

・パソコン清掃点検

Windowsリカバリ作業

・Windows10へのアップグレード

・WindowsUpdate

・装置診断テスト

 

サクッと書きましたがこんな感じでして対応でしたが・・・ 

 

 お引渡し前に「画面が暗くなる」というお問い合わせが気になり

時間を開けてから電源をいれると・・・画面が表示されません

 

原因はコチラ 

f:id:weisz-pc:20190617110323j:plain

最初のメモリテストでOKが出たんですけどね 

 抜き差ししたら動きましたが、お客様と相談の上交換となる。

 

 

 交換したメモリを検証機でテストしたら・・・起動出来ず

 メモリ不良確定、メモリの故障はホント気まぐれで分かりづらいです

 

 

とりあえずお客様へのお引渡前に判ってよかったです

 

 

以上

【販売】NEC SSD換装済中古パソコン

ワイズでSSD換装した中古パソコン

先日お買い上げ頂いたのですが、更に追加でご購入頂けることに

 

いやほんま、ありがたいことです

 

↓オリジナルはハードディスク、こちらをSSDに換装します

f:id:weisz-pc:20190614114405j:plain

 

 

 

↓テストはしっかり

f:id:weisz-pc:20190614114223j:plain

 

 

モニター・MSOfficeなどをセットしたものと一緒に

後日設置・設定に伺う予定です

 

www.youtube.com( 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

【診断】ドスパラ ガレリア ノートパソコン液晶割れ

ドスパラさんのガレリアシリーズの

ノートパソコンの液晶割れの診断を実施

f:id:weisz-pc:20190523101707j:plain

液晶は物理故障

Windowsは動作OK

 

外部モニターへの接続への運用

もしくはパネル自体の交換を提案

 

パネル交換の概算費用のお見積りをお伝えして

対応を考慮頂くことになりました

 

以上

【修理】NEC 一体型デスクトップパソコン Windows起動不可

Windowsが起動しない」

 

というパソコンを修理

f:id:weisz-pc:20190523101707j:plain

www.weisz-pc.com

 

 

f:id:weisz-pc:20190611185422j:plain

 

 

中をあけてハードディスクを取り出して診断機にかけます

f:id:weisz-pc:20190611185502j:plain

診断の結果、ハードディスク(HDD)の不具合と判断(不良セクタ多発)

 

お見積りを提出、ご相談の結果同部品交換作業を受付

今回の作業と同時にレスポンス向上の為SSD換装作業も実施

 

Windows10へのアップグレードされていたということで

Windows8.1から10へのアップグレード作業も並行して行います

 

 

 

 

 

 

SSDに換装するにあたって、マウンタを調達

左が3.5インチ変換マウンタ・真ん中が汎用マウンタ・右が純正マウンタ

f:id:weisz-pc:20190611185628j:plain

 

 

汎用マウンタだとこんな感じで合わないので・・・

f:id:weisz-pc:20190611185753j:plain

 

 

3.5インチ変換マウンタを使用します(ちょっとお高い)

f:id:weisz-pc:20190611185845j:plain

 

 

 

 

SSD東芝製NANDを使用したとある480GBモデルをチョイスしてます

内部を清掃をした後取付

f:id:weisz-pc:20190611185925j:plain

 

 

 

 

 

別途手配したリカバリディスクを使用してリカバリ作業を実施します

f:id:weisz-pc:20190611190101j:plain

 

 

 

Cドライブまるまる使いますよ

f:id:weisz-pc:20190611190136j:plain

 

 

リカバリ作業自体はスムーズに終了

リカバリ後の状態はWindows8.1の状態ですので

これをWindows10へアップグレードを実施しますが・・・

 

純正プレインストール版のMcAfeeがアンインストールしても残ったままになり

Windows10へのアップグレード作業を邪魔します

 

強制アンインストールツールでキレイキレイにします

f:id:weisz-pc:20190611190347j:plain

やたらと時間がかかりましたがなんとか終了

 

 

その後引き続きWindows10へのアップグレード作業を実施

問題なく終了しました

 

その後WindowsUpdateや

セキュリティソフトなどの導入実施

メール設定も同時に実施します

 

DVD・ブルーレイの再生テストの際に

PowerDVDを10から14にアップグレードをします

*Windows10ではPowerDVD10でブルーレイの再生が出来なくなってます

f:id:weisz-pc:20190611190614j:plain

 

f:id:weisz-pc:20190611190722j:plain

 

 

 

f:id:weisz-pc:20190611190703j:plain

 

 

お手製ブルーレイドライブの再生が出来ることを確認

f:id:weisz-pc:20190611190741j:plain

 

 

 

最後にワイズのリフレッシュサービスにて

パソコンの状態を確認してお引渡しとなりました

f:id:weisz-pc:20190611190846j:plain

 

 

 

 

 

パリッとしたパソコンに蘇りました

 

性能や状態を見るとまだまだ使える(戦える)パソコンですので

安心して使ってくださいね

f:id:weisz-pc:20190611190433j:plain

 

以上

 

 

 

【販売】CustomPC CAD向けパソコン

お得意様からお使いのCADシステム向けのパソコンのオーダーを頂きました

今回も2台、ありがたいことです

f:id:weisz-pc:20190611165658j:plain

 

www.weisz-pc.com

 

 

CADやイラストレーターといったソフトを使う場合

まずはソフトウェアメーカーさんにて推奨スペックを確認することをオススメします

 

基本的にはホームページに書かれているものがあればOKですが

たまに古いパソコンが推奨スペックになっているものもあるので

そういう時は直接お問い合わせするのが一番です

 

Windows10やQuadroの必要性など

メーカーさんもきっちりと教えてくれます

 

メーカーさんとしてもきちんと動く環境で使って欲しいのが本音ですからね

 

 

 

 

まずは組む前に軽く組んだ状態で耐久テストを行います

 

マザーボード・CPU・電源・メモリ・ストレージこれが最小構成

今回はGPUが入っていないCPUを使うのでグラボも用意します 

 

写真はNvidiaQUADRO P620さん

下から2つのグレードでも結構いい値段します

f:id:weisz-pc:20190611170658j:plain

 

 

 

でもNVIDIA純正なので造りが断然良いです

f:id:weisz-pc:20190611165541j:plain

 

 

 

 

 

ガッツリテストを実施した後、組み込みをします

工場内で使う事を想定してエアフロー重視、空冷強化対策を実施してます

f:id:weisz-pc:20190611170820j:plain

中身はスッカスカなんですけどね、これで良いんです

この方が空気の通り(エアフロー)は良いし故障率も低くなります

 

側板にファンを取付して吸入した埃や

発熱した風を効率よく排出するようにします

 

 

 

 

その後は

 

WIndowsのインストール

・ドライバのインストール

・WindowsUpdate

・各種ソフトウェアのインストール

・すべてが終わったら再度負荷テスト

 

すべて問題なく終了

 

後日お届け&セットアップ予定

 

f:id:weisz-pc:20190611171229j:plain

 

【第9世代まで】Intel Core シリーズを解説します

「古くてもIntel Core i7だったら速いよね」

f:id:weisz-pc:20190607173242j:plain


というような相談がよく有りまして

 

その「Core i7」でもシリーズによっては性能が違う訳で

簡単に言えば10年位の進化で性能も全然変わってるんです

 

 

 

今回はその進化の歴史を纏めてみましたのでもしよければご参考下さい

 

初心者の方でも判り易い様にフランクに記載してますので

細かい事は気にしないで下さい

 

 

 

都合によりデスクトップパソコン採用かつ売れ筋CPUを抜粋して掲載してます

 

 

 

まずは現在のCore iシリーズのご先祖様、Core2Duoから

f:id:weisz-pc:20190607160134p:plain

Core iシリーズのご先祖様、Core2Duo

このCPUが生まれる前というのが
世界中の家庭・職場・マシンルームに爆熱問題を起こしたと言われる

色んな意味で伝説のCPU、Pentium4プレスコット)とPeutiumD

 

宿敵AMDのCPU Athlon64シリーズとの戦いの際に

既存のCPUを無理やり増改築ばりにパワーを引き出した結果こうなった訳です

 

またこの時期にAMDAthlon64という比較的性能がいいのに

発熱と消費電力が控えめというCPUを販売、好評を得てまして

 

インテルのシェアをじわじわと乗っ取っていた時期ではありました

そら自宅で爆熱爆音のストーブみたいなパソコンを使いたくないですからね

 

 

 

この事態にインテルが出した答えは・・・

 

今まで使っていたデスクトップ用CPU(Pentium4&D)は捨てて

モバイル(ノート)用CPUベースのものに切り替えよう

 

ってことになった訳です

 

当時インテルは「PentiumM」というモバイルパソコン用のCPUがありまして

そこそこの性能だけど省電力、低電圧、低発熱

AMDAthlon64と似た特徴を持っていた訳です(しかもAthlonより信頼性は高い)

 

 

インテルはこれを元に「Intel Core」に進化

Core Duoデュアルコア)」シリーズを作成(シングルコアのCore Soloもあり)

 

モバイルパソコンに搭載して好評を得たのち

デスクトップでも使える進化版の「Core2Duo」を作成した訳です

 

・・・ざっくりといういとこんな感じですが

 

 

Core シリーズのデスクトップ版を待っていたユーザーは多く

素性の良いCore2DuoというCPUは

 

発熱しない(ファンが静かになる)

電気を使わない(電源に気をつけなくてもいい)

性能が良い(無理にオーバークロックしなくてもいい)

と評判になり人気が大爆発しまして

 

E4000シリーズ・E6000シリーズ・E7000シリーズと経て

インテルの最高傑作?の一つのE8000シリーズが完成した訳です

 

その派生でCore2Quadシリーズも発売され、

一部マニアを中心に好評を得ました
*ただし熱問題が起きやすかった

 

今でもこのCPUを使い続けてる人も居るくらいファンが多いんですね

 

 

ちなみにこの後だしジャンケンにより

AMDAthlon64シリーズシリーズは駆逐されることに・・・

 

 

 

 

 

熱が醒めないうちにこのCore2Duoをベースに改良したのが初代Core iシリーズ

記念すべきCore iシリーズはここからスタートしました

f:id:weisz-pc:20190607162437p:plain

すべてはここから始まった、初代Core iシリーズ

ソケットが変更されメモリーはDDR3に変更

 

正直この時はCore2DuoCore2Quadと比べてそんなに速いとは思わなかったです

ただインターフェースや考え方に新しい時代のCPUの雰囲気を感じることは多かったです

 

 因みに一番下のスコアはCPUの総合的なパワーになります

一番下記に詳細を書いてますのでもしよければ見てくださいね

 

 

 

 

 

f:id:weisz-pc:20190607162625p:plain

ここからちょっとずつ本気を出し始めた模様

「Core iって良CPUかも」って思ったのはこの世代から

特にCore i7の総合力が素晴らしかったです

 

なにげにCeleronが旧世代より1.5倍近くパワーアップ

数年前の売れ筋のCore2Duo E8400と同程度の性能を発揮、

でもCeleronなので格安、安くて速い牛丼みたいなCPUでした

 *Celeronでも良いよって言う人はこの世代を使っていた人が多い

 

 

 

 

 

f:id:weisz-pc:20190607162743p:plain

ローエンドからハイエンドまで、きっちり性能アップ

 

マザーボードオンボード機能が充実し始めた世代

特にCPUの進化に伴うオンボードビデオの進化が素晴らしく

マルチモニターが構築できたり味気の無い色合いだったものが不満の無いレベルに

 

性能そのものは先代からそのまま上乗せされつつ値段は据え置きか安い位

 

当時は日本円が70円代まで下がったので部品が安く

性能が良いものが安く選んで組める時代でした

 

、、、大不景気でそんなところじゃなかったですけどね

日本橋オタロード)が一番寂れて時期で

自作パーツ屋・老舗店舗が大量閉店した厳しい時期でした

 

 

 

 

 

 

 

f:id:weisz-pc:20190607162857p:plain

実質Windows7の対応はここまで、今でもファンが多い層

LGA1150対応の唯一のシリーズ

CPUの末尾に「S」・「T」・「K」などなど

乱立しすぎて選ぶ方も混乱しがちなラインナップが特徴だった時期です

 

Haswell Refreshと続くように息の長い良作CPUでして

第6世代でWindows7の早期サポートが切られる(後に撤回)という

こともあってかWindows7を長く使いたいユーザーに重宝されました

 

CPUの性能も良いしいいところばかりなのですが

一時期肝心の対応マザーボードが市場から枯渇する状況に

 

現在(2019/6/7)は新品及び中古は数える位ですが在庫は復活

修理交換時に難儀しちゃうことが多いですね

 

CPUはあるのにマザーボードが無いとか、

この世界は結構そういうのがあります

 

 

 

 

 

 

f:id:weisz-pc:20190607162951p:plain

狙い所がマニアックすぎて売りにくかったですなー

正直店長も数える位しか売ったことのないシリーズ

Intelとしては次に向けてのステップとして作ったのかもしれません

 

貴重なZ97・H97マザーボードしか対応せず壊れると涙目(遠い目

 

 

 

 

 

 

f:id:weisz-pc:20190607163102p:plain

性能よりも効率と省電力に目をむいたものでした

ソケットがLGA1150から1151へ変更

モリーがDDR4に採用など一気に風向きを変えることになったモデル

 

当時高額だったDDR4メモリーへの買い替えに

頭を悩ました自作ユーザーさんは多かったと思います

*当時DDR4はDDR3の倍以上の価格で販売してました

 

性能は上がってる感じはしませんでしたが

DDR4メモリーチップセット周りの高速化のこともあってか

基本的なレスポンスは向上してる・・・と思います

 

 

例の採掘作業もこの時からでしたね、

この頃からビデオカードが高騰、釣られてメモリーSSDも高騰

新たにパソコンを組むには難儀する時代でした

 

 

 

 

 

 

 

f:id:weisz-pc:20190607163205p:plain

グラフィック性能強化など玄人好みの構成

先代をちょっとマイナーチェンジしたくらい?っていう印象

 

グラフィックや動画編集には確かに強くなりましたが、

普通に使う人にはあまりメリットは無かったような気がします

良くも悪くもない、普通・・・という感じです

 

 

なお先代のCeleronから以前の様にモデルチェンジして性能が上がる

・・・ってこともなく放置プレイ状態に 

 

昔の「もっさりCeleron」が復活してしまうことに

安くてそこそこ速い 、牛丼のようなCPUが息絶えました( ゚д゚ )

 

 

 

 

 

f:id:weisz-pc:20190607163347p:plain

Core iシリーズの性能が大幅アップ(AMD Ryzenに対する対抗策?)

AMDRyzenシリーズの出来をインテルが見たせいか

Core iシリーズの性能が一気にレベルアップ

 

Core i5 8400は4K映像が編集出来る位の性能があり

Core i3 8100は日常の使用では全く不満が出ない位の性能に仕上がりました

 

コアの数が増えた(お金がかかる)おかげで性能はアップしたものの

CPUを生産する際の材料費の高騰や需要と供給のバランスが崩れて価格が暴騰

 

現在(2019/6/7)は大分落ち着いたものの未だ以前より高くて品薄な状況

年末にかけてまた枯渇するんじゃないかと店長は予測してます

 

 

 

 

 

 

f:id:weisz-pc:20190607163506p:plain

Core i9はブースト時5.0GHzで稼働する化物CPUに

CPUの内部のGPU(グラフィック機能)を撤廃し

CPUそのものの性能に特化した「F」モデル

 

盛り返してきたAMDのCPU Ryzenシリーズを駆逐するために

CPU性能を上げに上げまくった「K」モデル

 

今までと違いINTELの少し切羽詰まった感じを受け取れるモデルです

 

 

なお「F」モデルはグラフィック(ビデオ)カードを付けることが前提

少し安くして少し性能を上げたなんとも言えんCPUですが

 グラフィックボードを付ける前提で運用するに都合が良く売れてます

*先代の品薄状況を補完するために一役買っているのかもしれません

 

 

 

このモデルから「Core i9」が登場

性能が大幅アップして市販CPU初の5.0GHz(ターボ・ブースト時)達成

ãcore i9 9900kãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

これ本当に爆速ですね、凄い

 

 

 

 

とりあえず今回はここまでです。

 

因みに新しいパソコンのCPU選びでお悩みの方は

f:id:weisz-pc:20190607180122j:plain

普段使いメインなら、Core i3 8100

普段使い+@なら、Core i5 8400

しっかり使いたい、Core i7 8700K

男は黙って、Core i9 9900K

中古で買うなら第3世代以降のCore i3以上のCPUが搭載されている

 

のでオススメしておきます

因みに起動ドライブはSSDをチョイスしてくださいね




長文失礼しました

 

以上

 

 

 

*おまけ、表の見方*

 

 

コアの後ろの()はスレッドの表示(仮想CPUの数)

 

一番下の「スコア」は

Passmark SoftwareのCPU Benchmarkソフトの数値です

www.cpubenchmark.net

 

kakaku.comさんなどに掲載されているものと同じで

総合的なCPUの性能と思っていただければと思います

 

数値が高ければ高いほど

作業に余裕が出て出来ることの幅が広がります

 

2019/06/07現在 Windows10 64bitでの使用の場合は

 

2000以下・・・ストレスが発生するくらい動作が遅い

~5000まで・・・動作するもののもっさりする

~8000まで・・・通常時問題無し、但しWindowsUpdateなど負荷がかかるともっさり

~12000まで・・・負荷にも余裕の動作、動画編集もなんとかこなせる

これ以上・・・超余裕、動画編集などサクサクこなしたい方に

 

といった目安です

 

以上